週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

桑田佳祐のライブは愛でしかなかった(年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」へ行って

12月27日に初めて桑田佳祐の年越しライブに行ってきた。
それがとんでもなく素晴らしかったので、感想を書きたい。
f:id:haraeridesu:20170108015043j:plain
natalie.mu


まず一言申し上げたいのが、桑田佳祐が発する愛の量が尋常じゃないのである。
愛とは、全てのものに対する愛。
桑田佳祐自信が自分の歌を人生を関わる人を愛しており、ライブとはそれが否応なしに還元され循環されまくる空間なのである。


わかりやすくは、今回のライブはラブソングが多かったのであるが、シャイでチャーミングな桑田さんが歌う、一途な男のラブソングはそれはもう胸を打つものがあった。「愛のプレリュード」「幸せのラストダンス」なんかは、桑田佳祐から愛の告白をされているようで、なんだか照れてしまうような気持ちになったものだ。桑田さん原さんご夫妻はおしどり夫婦であることが知られているが、原さんへの愛を思わずにはいられなかった。


またラブソングでなくても、「それ行けベイビー!!」「月光の聖者達」なんかは、そっと背中を押してくれるような楽曲で、それはそれで桑田さんの懐の深さというか、海のような愛を感じた。特に、「月光の聖者達」の「今がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい」にはやられた。


そして桑田佳祐といえば「エロ」なのであるが、還暦にしてこんな「エロ」を表現できるなんて、とんでもないクリエイティビティだと思った。
ライブ前半、ヒット曲を連発した後に妖しい曲が続いたのであるが、「SO WHAT ?」「東京ジプシー・ローズ」あたり、本当にセクシーなのである。決して若造には表現できない世界観であり、すげえ還暦がいるもんだと思う。「EARLY IN THE MORNING 〜旅立ちの朝〜」なんかは、明らかにセックスを連想させる歌なのであるが、ピンクの全身タイツを着た女性のダンサーがコミカルに踊り、この「バカバカしさ」も桑田さんの世界だなあと笑った。こういう「エロ」への愛やパッションもビンビン感じた。


そしてなんといっても、桑田佳祐の愛を目の当たりにしたのが、スタッフへの愛である。
桑田さんがスタッフを大切にしているという話は有名だそうなのだが、20歳くらいの裏方の女の子を名指してステージ裏から呼び寄せ、お父さんのような眼差しで絡むなんてシーンがあった。ダンサーやバックバンドはもちろんのこと、裏方のスタッフまできちんと名前を覚えて気にかけているなんて、とんでもない気遣いだと思う。最後の曲、「祭りのあと」は、ダンサーが全員出てきて、それはもうお祭りのような光景になっていたのだが、なんともいえない幸せな気持ちになった。彼の愛が接着剤となった光景であり、そこにいる幸せをみんなで分かち合っているようなシーンだった。


最後に、このライブを見て私が1番桑田佳祐の愛のすごさを感じたことが、
私自身もっと自分の人生において最大限クリエイティビティを発揮しよう!
と決心させられてしまったことである。


こんなに自分の感性を余すことなく爆発させられるなんて、そんな幸せなことはないと感じた。
そしてそれは、他者を必ず前向きにインスパイアする。
自分が自分の感性やクリエイティビティを最大限発揮することが、他人をこんなにも触発し、
こんなにもウズウズさせ、こんなにも幸せにするなんて。
これこそが、彼の他者への大きな愛のように思えた。


f:id:haraeridesu:20170108013733j:plain

私は比較的いろんなライブに行く方であるが、こんなことを感じたのは初めてかもしれない。
それは桑田佳祐が特別なのか、たまたま今私のモードがそうだったのか。
きっとそれは両方なのだろう。
そういう意味で、今このライブに行ったことは、とても運命的なことであった。

そんなこんなで、感想としたい。


【セットリスト】
特にお気に入りの曲は赤字にしてみたり。
00.悪戯されて(横浜アリーナver.)
01.ダーリン
02.本当は怖い愛とロマンス
03.悲しい気持ち(Just a man in love)
04.鏡
05.飛べないモスキート(MOSQUITO)
06.エロスで殺して(ROCK ON)
07.東京ジプシー・ローズ
08.SO WHAT ?
09.それ行けベイビー!!
10.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
11.愛のプレリュード

12.大河の一滴
13.あなたの夢を見ています
14.傷だらけの天使
15.恋人も濡れる街角 [中村雅俊(への提供楽曲)]~Yin Yang(イヤン)
16.メンチカツ・ブルース
17.風の詩を聴かせて
18.JOURNEY

19.君への手紙
20.真夜中のダンディー
21.ROCK AND ROLL HERO
22.波乗りジョニー
23.EARLY IN THE MORNING 〜旅立ちの朝〜
24.ヨシ子さん
【ENCORE】
EN1. 幸せのラストダン
EN2. 白い恋人達
EN3. 祭りのあと