読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

スマホ水没というスグそこにある危機

先週28日(金)に合コンに参加したのであるが、一軒目の店でスマホ(iPhone6)を水没させてしまった。
f:id:haraeridesu:20161030224212j:plain
ジャケットの浅いポケットから、綺麗な放物線を描いてトイレに吸い込まれたのである。
幸いにも流した後だったのだが、ちょっとやそっとのことでは動じない私は、
「あ〜はいはい、なるほどですね」と、すかさず冷静に洗面台でじゃぶじゃぶスマホを洗ったのであります。

地震発生時の「おかしも」が如く、どうしてこんなに冷静な行動を取れたかというと、
3年前くらいにも一度水没させたことがあったのですが、乾かしたら復活したという過去実績があったからであります。

だから今回も大丈夫であろう。そう高を括ったのです。

ところがどすこい、その直後、画面上に赤や緑のストライプが踊り、もうこの世の終わりみたいな画面展開になり終了。
彼が目を覚ますことは2度とないのでありました。ちーん

で、まぁLINEも番号とかパスワードとか入れれば復活するっしょ?と、ここも高を括ったのですが、これも現状うまくいかず。
え、まさかの新規登録?という不安な夜を過ごしているわけであります。合掌



もうね、学んだ。
スマホってば、LINEってば、見た目以上にライフラインのこと山の如し。
誰とも連絡とれない週末。辛い
そして、そのライフラインが停止する危機は本当に日常に溢れすぎている。

スマホが水に浸かるって、飲み会の三次会じゃなくても起こり得るし、
なんならこの間一軒目でiPhone7をマッコリに漬けるという事象も発生したわけだが、
基本的にiPhoneは水に浸かりたがっているって思って差し支えないと思う。

あと画面割れ。たまに無駄な自信家が「や〜丁寧に扱ってれば割れないよ〜笑」とかいって何の防御も付けてないことがあるが、
もう本当目の前で叩き割ってやろうかなって思う、むしろ私が。その危機管理能力のなさに怒りすら覚える。
覚えておいてほしい、iPhoneは飛びたがっているということを。
総括すると、iPhoneは水面からたまにジャンプするタイプの海洋生物ぐらいに思っておいてもらいたい。


ま、それぐらい、起こってからじゃ遅いものの、リスクに対して危機感を抱けないのが人間ってやつなんだがね。

ということで、私は1万円する防水防衝撃のケースを購入しようと思います。
だって、私の実績値として、確率として既に2~3年に1回は水没もしくは画面割れ(当方、画面割れも経験済み)をすることになっているのだから、1万円のケースはなんら高くない。これが私の手堅いリスクヘッジである。


で、ここでなんと話を合コンに戻すのであるが、非常に盛り上がった。特にカラオケ。
というか、盛り上がり過ぎて本当に反省している。
正確にいうと、盛り上げ過ぎて反省している。
というのも、相手は商社マンであったのだが、2年目というまだヒヨッコだったので、
いまいち一体感が生まれず。
そこで百戦錬磨の合コンキャリア組である我々お姉さんがリードするハメに。
迷わずテキーラと「プレゼント」「ドラゲナイ」「合コン歌」を選曲し、
盛り上げ倒す。もう我々を職人と呼んで頂きたい。

非常に結婚が遠のく飲み会であったのでした。ちゃんちゃん