読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

※ただし山本耕史に限る 堀北真希さんご結婚おめでとう!!!!

headlines.yahoo.co.jp
www.sponichi.co.jp
ご結婚、本当におめでとうございます。
このご結婚で堀北真希さんの素顔がわかって、私の中で株爆上げです。

ただ、一つ言わせてほしい…。
こんなアプローチ山本耕史だから許されるんだからな!!!!!!!!!!
もうほんとこれを兎にも角にも主張したい。
そして堀北さんがこの執拗なアピールをそのまま受け入れられるくらいピュアネスの塊だったことも必要条件。
兎にも角にも、これは汎用性のない話であることを主張しておきたい。


私の感覚からすると、
・返信してないのに手紙連続40通→源氏物語の世界観
・教えてもらった連絡先は事務所の番号だった→ここが諦めるポイント
・千秋楽を迎えても連絡先を教えてもらえない→ここ、是非諦めてほしいポイント
・堀北さんが京都入りすると聞いて自分も新幹線のチケット取っちゃう→アクティブなストーカータイプ
・38歳未婚男子、6年間12歳年下の女の子に片思い→当時ハタチ

全然アカンやつ!ということです。
はっきり言って怖すぎ。

私もある男性から、返信をしてないのに2年間に渡ってLINEを送りつけられたり電話をされていた頃は、怖い思いをしたものです。
でも何が一番怖いって、ごくごく普通の男性がこういったプチストーカー行為をしてしまう、ということ。
女性の拒絶を受け止められずに、勝手に妄想を広げてしまう。
明確に拒絶しようものなら、激情してしまう。

www.jiji.com
この事件も記憶に新しい。

簡単にいうと恋愛ベタであるということが、いくところまでいくと簡単に犯罪になる。
相手の女性が幸せになれない以上、当事者である男性も幸せになれない。
この基本原則を頭に叩き込んで、
ぜひとも世の中の男性には、山本耕史さんと同じことはしないでほしい。
そう切に思う。

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)

新品価格
¥778から
(2015/8/24 16:39時点)


matome.naver.jp