読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

仏教女子も流行らせたい

BON BON お盆!
Pitbull - Bon, Bon - YouTube

お盆休みももう終わりか。
今年は、我が家に母方のお爺ちゃんの仏壇がきて(お婆ちゃんが老人ホームへ入ったので我が家で保管することになったのであーる!)初めてのお盆なので、人生で初めてお盆らしいことをした。
迎え火を焚いて、線香をあげた。
会ったことはないが、きっと見守ってくれていると思う。

父親が率先して迎え火を焚いたり、線香をあげたりしている。
なんだかその光景は、とってもとっても心温まるものだと感じる。
直接血縁関係にはない、自分の奥さんのお父さんを大切にする気持ち。
こんな幸せなことはないな、と思う。
ちょっと乱暴で血気盛んな父親なので、
本当に喧嘩ばかりの両親なのだけれど、
その力強さでちゃんとお母さんのことを守っているのだな、と感じた。

一人っ子だった幼い母親を残して亡くなってしまったお爺ちゃん。
さぞ、母のことが心配だったと思う。
亡くなった後、親戚たちの夢に出てきて、「娘をよろしくお願いします」と頭を下げに来たらしい。
こういう話は本当にあるもんだな、と思った。
その意志をしっかり継いで母親を守りきってくれた男性に巡り会えたというのは、
お爺ちゃんの采配なのだろうか。
ちょっと力強すぎるけど。
現実の話は綺麗にドラマチックに、とはいかない。

私も、私の先祖を大切に思ってくれる素敵な人と巡り会いたいと思う。
じーちゃん頼むぜ。



さて、巡り会いたい、と言いつつ現在彼氏がいる私であるが、
最近彼氏のことを四六時中考えてしまう。
女ってやーよ。
もう、ほぼ執着だと思った。
執着の先にはろくなことはない。
そう思って、なんとなく仏教の本を手にとった。
お盆ということでタイムリーですし

恋愛成就寺

恋愛成就寺

もうね、
まじで勉強になった。
キュレーションより仏教だと思う。

私なんかもう完全に嫌われるパターンに陥っていたので、改めるきっかけが出来た。
お盆ありがとう。

ただ一つ心苦しいのは、
f:id:haraeridesu:20150814223214p:plain
このページをiPadで読んでる時にお父さんに覗き込まれたことかな。



父は無言で去っていった