読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

PMSの影響で一人旅に出たくなる

久しぶりの投稿です。
私です。

唐突ですが、PMSの影響で無性に一人旅に出たくなって、ネットで「奇跡の一本松」への陸路を永遠調べたことがあるよって方、いますか?


ここ数ヶ月、私は女として生まれて初めて【精神的なPMS(月経前症候群)】を感じるようになり、
自分の感情の動きや思考回路の行き詰まりなどに新鮮な驚きを感じています。


肉体的なPMSは人並みに感じてきました。
お腹が痛かったり、風邪の初期症状のような倦怠感があったり。


でも、精神的なものは今までは一切感じた事がなかったので、周りの友達の話を聞いても全く共感をすることが出来ませんでした。
それどころか、「無性にイライラして何かに八つ当たりしたくなる」なんて話を聞くと、理不尽だと思うこともありました。
それぐらい、女の私にも理解が出来なかったのです。


ところがどっこい、ココ数ヶ月で私にも発症し始めたのです。
恋人とのささいなやりとりを思い返して、それをドンドン悪い方向に考えて、涙が止まらなくなったり。ひどい時は、ずーっと一人旅に出ることを空想して、東北にある奇跡の一本松へ思いを馳せていたり。

午後一杯、思いを馳せる。
そびえ立つ一本松に。

発症していると言わざるをえない


本当に不思議です、PMS
女の一人旅の動機の8割はPMSなんじゃないかと思う。


しかし、子宮に突き動かされる感情のパワーって強力、というか巧妙なところが厄介。
強引に感情を振り回すというよりも、とても緩やかに思考回路をネガティブな方向へ引きずり込み、どん詰まりで泣くしかないような境地に追い込む。

だから女性も、これはPMSだから気分が落ち込むんだ、と自覚しにくい。
これが厄介なのである。
これからどうしたものか…。


ここで男性に向けて言いたいのは、女が感情的になるからってバカにしないでほしい。
根気づよく、包容力を持ってほしい。
女と付き合う、ということは子宮と付き合うということと同義。
女を変えたところで、という話。


それに、ワガママな子宮を持つからこそ、女は強くもある。
毎月毎月、精神的にどん底に落ちる。そして立ち直る、という経験を中学生くらいから女は繰り返しているのだ。鍛えられないわけがない。必ず自分は立ち直れる、ということに自信があるのだと思う。



ということで
結論
子宮、万歳!


ありがとうございました