週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

4万時間保ちますよ

f:id:haraeridesu:20140708201145j:plain

玄関の電球が切れたので、白熱電球を買いに行った。

家族で継いでる街の電気屋さん、みたいなところ。

 

そしたら<家業を手伝いつつもゆくゆくはバンドでゴハン食べて行きたいです>みたいな男性店員の方が出て来て下さって私に優しく商品説明をしてくれたのですけど、

「昔ながらの白熱電球は3000時間くらいしか保たないんですけど、LEDなら4万時間保ちますが、どうしますか?」という「まずいごはんとおいしいごはんどっちがいいですか?」クラスの質問を投げかけてくる

 

というか、

よんまんじかん?

よんまんじかんとは何時間のことですか?って思わず聞き返しそうになったのですが、

価格をよくよく見たらLEDは1000円、昔ながらの白熱電球は150円。

 

よんまんじかんだかジョン万次郎だかなんだかよくわからないけど、なんだか3000時間でも圧倒的な気はするし、何より玄関が暗いという直近の苦難をフリスク程度の値段で乗り切れるのはラッキーな気がして結局昔ながらの白熱電球を購入しました。

 

そしたら店員さんが、「ゆくゆくはLEDに切り替えた方がいいですよ〜」と勧めてくるが、イマイチ「ゆくゆく切り替える」理由がよくわからなくて「は、はーい...」みたいな状態で帰って来た。まぁコスパがいいのだろうけど、果たしてどの程度いいんだろうか。

 

家に帰って冷静に整理してみると、40000時間とは約4年半、3000時間は約4ヶ月。

意外と3000時間が圧倒的じゃなかったことに驚愕しつつも、

一番驚いたのは、

 

 

 

 

 

 

4万時間後に自分、30歳になってる