読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

八神純子さん、欧陽菲菲さん、テレサテンさんらについて

雑記

物心ついた時からのネイティブ懐古主義な私ですが、

80年代歌謡曲は改めて素晴らしいです。

 

特に最近聴いているのは、八神純子さん。

そのクリスタルボイスに、感情よりも先に生体反応として涙が出てきました。

日本人で一番ファルセットが綺麗だと思う。


八神純子 - 思い出は美しすぎて - YouTube

御年60歳半ばだと思いますが、年齢を重ねて深みが出てより一層お綺麗。

会社の熟女好きな先輩に提案しようと思う。

 


Love is over 歐陽菲菲 - YouTube

このソウルの帝王みたいな風格はなんなんだろう。

「最後にひとつ 自分を騙しちゃいけないよ」

「お酒なんかでごまかさないで

本当の自分をじっと見つめて

きっとあんたにお似合いの人がいる」

なんていい女なんだろう

 


小林明子 恋におちて -Fall in love- - YouTube

なんでこんな名曲を大入袋の前で歌わせられてるかが全くわからないんだけど

「i'm just a woman fall in love」のワンフレーズに全てが集約されていて、

なんて完成された歌なんだろうと感服するわけです。

張りのある歌声は、特に英語で歌う部分なんかまるでカーペンターズのようです。

 


テレサ・テン - 愛人.avi - YouTube

愛人のエレジーです。

現代に愛人を応援するような歌はもう生まれないだろうな。

愛人の悲しさが世の中から消えたわけじゃないのに。

 

自分も音楽業界の端くれに居て感じるんですが、

本当に世の中の歌は無難な方へと流れている。

世間からの幼稚なバッシングを恐れている。

歌詞も、若い子が一発で理解できるようなものが意図的に作られる。

この先どうなるんだろう。

 


愛燦燦 美空ひばり - YouTube

f:id:haraeridesu:20140630172747p:plain

 

描写が素晴らしい。

現代の歌みたいに、意味がすぐ入ってくるくらいわかりやすいのに、

決して単純だとは思えない、その鋭い描写が素晴らしい。

 

「人はかわいい かわいいものですね」

人を”かわいい”と表現するその新しさ。

 

素晴らしいなあ。