週刊はらえり

ぽんこつエッセイ世界へ羽ばたけ

マジでいた◯◯をダウンロードしてる男…

先日、合コンが解散したあと、久しぶりに友達と2人でコリドー街に繰り出した。

コリドー街とは、銀座と新橋を繋ぐ飲食街であり、
東京NO,1ナンパスポットである。
全長200m?くらいの一本道で、左右に飲み屋がズラーっと立ち並び、
通りにはナンパしたい男たちとナンパされたい女たちがひしめき合っている。
それはもう、本当に何かのお祭りですか?っていうレベルで人が集まっている。

まぁそんな不埒な街なので、特に期待しちゃあいけないのだが、
適当に朝まで飲むぞー!ってモードになったら、少し期待に胸を膨らませて繰り出す。
そんな街である。

その夜、我々は2回転した。
2回転とは、2組の男性グループと飲んだ、ということである。
我ながらこの呼称、ひどいの極み。
真似しないでほしい。


まず、1組目は「ゴールキーパー!!!」と手を広げて道を塞いできたグループ。
ちょっと笑ってしまったので、ナンパを承諾したが、話を聞いて見るとイマイチ極まりなかったので眠いフリして解散。
2組目はラグビーかアメフトやってたんだろうなって体型の体育会系リーマン、中尾彬みたいなストールの巻き方してるおしゃれリーマン、明らかに50歳ちかいおじさんリーマン、の3人組。


飲み会自体はめちゃくちゃ面白かった。
体育会系リーマンとおしゃれリーマンの軽妙なトーク。
そして何より、みなさん独身だという。
よい。コリドーにしては、よい出会いである。


が、しかし。
だが、しかし、である。
事件は起きてしまった。


話の流れでSNOWで写真を撮ろうという話になり、
おしゃれリーマンのスマホ画面を開くというシーンになった時。
見つけてしまったのである。
あのアプリのアイコンを。
あの、アプリの、アイコンを。






そう








ルナルナである。

sp.lnln.jp




しかも

LINEのアイコンの隣である。
いまやトイレットペーパーよりも使用頻度の高い、LINEの隣である。
いまや、爪切りよりも圧倒的に使用頻度の高い、LINEの隣である。
ちょっと指の大きい人だったらミスタップで1日1回ログインできる距離感である。



人生で初めて出会った、ルナルナ男。
それどころじゃない、「LINEの隣にルナルナ男」である。



ぜんぜんきもちわりい




その後詰問をするも、真相は闇の中だったのであるが、
まぁもちろん彼女がいるということなのだろうが、
そうだとしても、彼女の生理日把握してるって、相当な気持ち悪さである。
彼女が把握させているというパターンもあるが、いずれにせよ久しぶりに生理的にきもちわりい


どうやら調べてみると、彼氏向け機能があるらしい。
www.j-cast.com
便利っちゃあ、便利だが。
やっぱおぞましいわ。






結論、

コリドー街、ろくなことねえ

ということです。以上

うまくいく人とうまくいけばいい

「うまくいく人とうまくいけばいい」、と思う。


別れることには理由がある。
ちょっとしたすれ違いで、何かの間違いで、ほんの気まぐれで別れていることはなく、
確固たる理由と決心がどちらかにあって、カップルとは別れる。


振られた側からすると、もっとあの時こうすれば別れることにはならなかったのではないか、
今からでもこうすれば元に戻るのではないか、と相手の気持ちや考えに修正の余地を見出すが、
振られた言葉がなんであろうと余地などない。
余地があると思うから、未練が生まれる。未練は不毛である。


うまくいく人とうまくいけばいい。
とてもシンプルな言葉だが、ちょっと気が楽になる。

桑田佳祐のライブは愛でしかなかった(年越しライブ2016「ヨシ子さんへの手紙 ~悪戯な年の瀬~」へ行って

12月27日に初めて桑田佳祐の年越しライブに行ってきた。
それがとんでもなく素晴らしかったので、感想を書きたい。
f:id:haraeridesu:20170108015043j:plain
natalie.mu


まず一言申し上げたいのが、桑田佳祐が発する愛の量が尋常じゃないのである。
愛とは、全てのものに対する愛。
桑田佳祐自信が自分の歌を人生を関わる人を愛しており、ライブとはそれが否応なしに還元され循環されまくる空間なのである。


わかりやすくは、今回のライブはラブソングが多かったのであるが、シャイでチャーミングな桑田さんが歌う、一途な男のラブソングはそれはもう胸を打つものがあった。「愛のプレリュード」「幸せのラストダンス」なんかは、桑田佳祐から愛の告白をされているようで、なんだか照れてしまうような気持ちになったものだ。桑田さん原さんご夫妻はおしどり夫婦であることが知られているが、原さんへの愛を思わずにはいられなかった。


またラブソングでなくても、「それ行けベイビー!!」「月光の聖者達」なんかは、そっと背中を押してくれるような楽曲で、それはそれで桑田さんの懐の深さというか、海のような愛を感じた。特に、「月光の聖者達」の「今がどんなにやるせなくても 明日は今日より素晴らしい」にはやられた。


そして桑田佳祐といえば「エロ」なのであるが、還暦にしてこんな「エロ」を表現できるなんて、とんでもないクリエイティビティだと思った。
ライブ前半、ヒット曲を連発した後に妖しい曲が続いたのであるが、「SO WHAT ?」「東京ジプシー・ローズ」あたり、本当にセクシーなのである。決して若造には表現できない世界観であり、すげえ還暦がいるもんだと思う。「EARLY IN THE MORNING 〜旅立ちの朝〜」なんかは、明らかにセックスを連想させる歌なのであるが、ピンクの全身タイツを着た女性のダンサーがコミカルに踊り、この「バカバカしさ」も桑田さんの世界だなあと笑った。こういう「エロ」への愛やパッションもビンビン感じた。


そしてなんといっても、桑田佳祐の愛を目の当たりにしたのが、スタッフへの愛である。
桑田さんがスタッフを大切にしているという話は有名だそうなのだが、20歳くらいの裏方の女の子を名指してステージ裏から呼び寄せ、お父さんのような眼差しで絡むなんてシーンがあった。ダンサーやバックバンドはもちろんのこと、裏方のスタッフまできちんと名前を覚えて気にかけているなんて、とんでもない気遣いだと思う。最後の曲、「祭りのあと」は、ダンサーが全員出てきて、それはもうお祭りのような光景になっていたのだが、なんともいえない幸せな気持ちになった。彼の愛が接着剤となった光景であり、そこにいる幸せをみんなで分かち合っているようなシーンだった。


最後に、このライブを見て私が1番桑田佳祐の愛のすごさを感じたことが、
私自身もっと自分の人生において最大限クリエイティビティを発揮しよう!
と決心させられてしまったことである。


こんなに自分の感性を余すことなく爆発させられるなんて、そんな幸せなことはないと感じた。
そしてそれは、他者を必ず前向きにインスパイアする。
自分が自分の感性やクリエイティビティを最大限発揮することが、他人をこんなにも触発し、
こんなにもウズウズさせ、こんなにも幸せにするなんて。
これこそが、彼の他者への大きな愛のように思えた。


f:id:haraeridesu:20170108013733j:plain

私は比較的いろんなライブに行く方であるが、こんなことを感じたのは初めてかもしれない。
それは桑田佳祐が特別なのか、たまたま今私のモードがそうだったのか。
きっとそれは両方なのだろう。
そういう意味で、今このライブに行ったことは、とても運命的なことであった。

そんなこんなで、感想としたい。


【セットリスト】
特にお気に入りの曲は赤字にしてみたり。
00.悪戯されて(横浜アリーナver.)
01.ダーリン
02.本当は怖い愛とロマンス
03.悲しい気持ち(Just a man in love)
04.鏡
05.飛べないモスキート(MOSQUITO)
06.エロスで殺して(ROCK ON)
07.東京ジプシー・ローズ
08.SO WHAT ?
09.それ行けベイビー!!
10.月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)
11.愛のプレリュード

12.大河の一滴
13.あなたの夢を見ています
14.傷だらけの天使
15.恋人も濡れる街角 [中村雅俊(への提供楽曲)]~Yin Yang(イヤン)
16.メンチカツ・ブルース
17.風の詩を聴かせて
18.JOURNEY

19.君への手紙
20.真夜中のダンディー
21.ROCK AND ROLL HERO
22.波乗りジョニー
23.EARLY IN THE MORNING 〜旅立ちの朝〜
24.ヨシ子さん
【ENCORE】
EN1. 幸せのラストダン
EN2. 白い恋人達
EN3. 祭りのあと

東京において「出会いがない」なんて週刊はらえりが言わせない

お正月ということで、2016年を簡単に振り返りつつ、今年の抱負を述べたいと思う。
まず2016年であるが、あくまでも簡単に振り返りたいので、トピックスを箇条書きでまとめる。

・行き先を決めずに新卒から世話になった芸能事務所を退職、国民健康保険の高さにキレつつ、1ヶ月間のニート生活を経てPR会社に無事転職
・1ヶ月平均3回のコンパ生活を送るも「1回1回に有り難みが感じられず試合を流してしまうようになってはいないだろうか」との理由で、スタメン女子メンバーで一旦休戦宣言をし合い、受諾し合うものの、蓋を開けたら結局誰も1週間足りとも休んでなかったという茶番劇があった7月
ウォンバットみたいなかわいい年下の坊やにハマってしまったものの、髪を切ったら急にゆりやんレトリバーに似出して2秒で冷めた8月
・荒れすぎて男性陣に引かれたカラオケ
ちびまる子ちゃんでいい人役で出てきそうな顔の年上保険屋男子と食事して、会計時に「4000円でいいよ」って言われて「で・い・い・よ」の意味を考えた8月
・たぬきみたいな海外帰りのコンサル勤務男子とのドライブデートなんてしてみたものの、キッカリ割り勘だったし、やっぱり贔屓目で見てもいい匂いがするたぬき以外の何者でもなかった9月
・コリドーでナンパされた年上マスコミ男子と別日にデートしたら、後日facebookで思いっきり既婚どころか新婚だとわかった2月
・盛り上げすぎて男性陣に引かれたカラオケ
・お持ち帰りを拒否したらブン殴られそうになった銀座の夜
・ついにニキビが初々しい新卒男子に手を出した10月(もちろん他社である)
・57歳とキスしたあの夜
・そして1年弱ぶりに年下彼氏ができた年の瀬

印象的な出来事だけ思い出した順に記述したが、というか気づけばコンパ関連の話題がほぼだが、
2016年はだいたいこんなところである。
色々あったが、一言でいうと不毛である。
どうだ、これが28歳の生き様ってやつだ。
もう一度言う。
これが28歳の生き様ってやつだ

東京において、「出会いがない」なんてこの私が言わせない。
もし嘆いている人がいるならば、それは闘っていないだけだ。
この他、ナンパ待ちにも積極的に取り組んだ。
寒空の下、恵比寿の街を徘徊したのだ。ぐるぐる同じところを3周くらいして、3度同じグループに遭遇したりもした。
それでも、諦めない夜があった。
さらには政治家の票集めの為のような飲み会にも参加した。
酒を煽るしかなかった。一緒に行った女友達と、今後はさすがに政治宗教マルチ関連だけは辞めようと誓い合った。
六本木のナンパスポットとして有名なスタンディングバーで、1時間立ちっぱなしでナンパ待ちをしていたにも関わらず、
中東系のOJISAAAANにしかナンパされない夜もあった。
それでも、それでも、諦めない夜があった。
そんな闘いの夜を幾重も超え、辿り着いた年下の彼氏…
書籍化のオファー、待ってます
自己啓発本として、いや、なんなら学びのエッセンスをまとめてPHPから、なんなら次世代の若者のために東京書籍からというのもありです。

というわけで、これだけの出会いの機会を作ったものの、きちんと告白してくれるような男性は今の彼氏たった1人であったので、
そもそも合コンは効率が悪いという説、私に問題がある説も大いにあるが、とりあえず行動量を増やして掴んだ、というところだ。


東京は出会いで溢れている。
溢れすぎていることが問題なくらいに。


2017年の抱負を述べようと思ったが、2016年の出来事をサマリーしているだけで疲弊してしまったので、
それはまた今度に。

29歳になる年

年が明けた。
ついに、29歳の年齢になる2017年がやってきた。
どうも、女にとって28歳と29歳の間には深い深い溝があるように思える。それはもう、渓谷。
しかも、嵐雨が切り崩したような荒々しくも湿っぽい渓谷。「警告」でどうにかして韻を踏みたくなるような、渓谷。


我々の主戦場である合コンで「28歳です」というのと「29歳です」というのとではワケが違う。事情が違う。
もう、数えるくらいしか失敗ができない。そんな凄みを「9」という数字が男性に衝撃を食らわす。
ということで、私の誕生日がある初夏までが勝負だ。狼煙は、上がった。


まぁごにょごにょ申し上げたが要するになんていうかその



やべえじゃんシンプルに
ぴゃあ〜〜〜〜〜

つい先日27歳の誕生日を年上の当時の彼氏に「わ〜大人になったね〜☆」なんて言われながら祝ってもらった気がするが、
今年は今の年下の彼氏が誕生日を祝ってくれるとすれば「なんかあれだね〜とりあえずカンパ〜イ☆」というノーコメントスタイルになるであろうことは容易に想像できる。というか、誕生日を伝えた覚えがないので、そもそも祝ってもらえないかもしれない。まじで


あ、そうそう。ブログで初めて書くが、クリスマスの一ヶ月前に2歳年下の彼氏ができた。
なんというか、交際前に2人で会ったのが1回しかないので、お互いにお互いのことをよく知らないまま付き合い始めたという古き良き時代の結婚の形かよみたいな状態になっており、うまくいっているかいないのかすらわからない。
少なくともわかっていることは、2017年以内に求婚してくるような男でないことは確かなので、「私は彼と2017年に結婚をしない」ということだ。

よく、結婚に至らなかったカップルが挙げるそれっぽい理由に「タイミングが合わなかった」というものがあるが、
それでいうとタイミングはタの字も合っていないように思える。

結婚適齢期に首の皮一枚でぶら下がっている29歳手前女と、遊び盛りの26歳男。
ミラクルあるか。本ブログにてご報告していく所存だ。
また、遊び盛りの26歳に全てを懸けるのはあまりにリスキーなので、
33歳くらいの結婚願望強め男子も同時に開拓していく必要がある。
同時進行するほどの度胸はないが、「29歳」という年齢は開拓を続けることの免罪符になり得るだろう。ね
というわけで、そちらの開拓状況に関しても随時こちらにてご報告していきたい。


それでは、本年度もどうぞ宜しく。

飲み会のこなれ感は不可逆的である

最近、28歳の独身女子同士で、
我々の飲み会こなれ感はどうやら不可逆的であるし隠せない模様である、ということについて話していた。
適当にアンダーラインを入れてみたが、大した話ではない。
f:id:haraeridesu:20161106164356j:plain

その場にいたA子は最近よく会社の接待に連れて行かれるようになったという。
呼ばれる意味としては、ほとんどコンパニオン的要因なのであるが、というか確実にコンパニオン的要因なのであるが、
というかなんならコンパニオンなのであるが、「飲み会によく行っているであろうことが滲み出ているから」呼ばれたそうだ。
接待ではない何気ない飲み会で発覚したのだろう。

どうやら、滲み出てしまうものらしい。
お酒の注ぎ方、グラスの気に仕方、身の置き方…隠そうと思っても隠せないらしい。

私も滲み出ているらしい。
その場にいたB子と先日大人数での謎の飲み会に出かけたのであるが、
そこで出会った真面目そうな男性と連絡先を交換。
後日B子は彼を幹事として合コンを開いてもらったそうなのだが、
そこで彼は「(その時の我々の所作をみて)いっぱい飲み会やってるんだろうな〜と思った」と語っていたという。

どおりでLINEの返事こねえわけだわ!!!
でも、私はその時隠せていると思っていた。全然隠せていると思っていた。でもバレていた。
難しすぎる。何でバレるんだろう。
こんな大人数の飲み会、緊張しちゃう〜感を出していたつもりだったし、
空いたグラスをさりげなく確認して自分のお酒を頼みつつさりげなく相手のお酒も頼んだ覚えもないし、
職業と年収を遠回りに聞き出そうとしたわけでもないし…

しかし、そこまで過敏に飲み会こなれ感を嫌煙することもないと思うんだ。
そりゃあいい歳した独身なんだから飲み会行ってるに決まってるし、それはお互い様じゃあないですか。
それに、こなれてるというのは要は気が遣えるということであり、
だからこそA子は接待に必要不可欠となるに至ったのであるが、
それがいざ恋愛シーンとなると要らない要素となるなんて切り分け難しすぎるなオイ。

この間合コン二次会のカラオケでテキーラ4杯ぐらい飲んで酔っ払いつつグラスを割れないように片付けてた私をもっと世間は評価するべきだと思う。リーマン飲ませて経済回してるOLに感謝してほしい全力で

昨今、飲みたがらない若者が増えているというが、飲み会での教育はきちんとしてあげた方がいいように思う。
同年代と飲んでるぐらいのときならいいけど、先輩、ましてや社外の人との飲み会でうまく立ち回れないのは恥ずかしい。
だって、そこで気を回せる人は仕事でも気を回せるものですもの。

もちろん今でも大手企業は先輩社員がそういう教育をしてあげているようで、
広告代理店某H社の若手と飲んだときに、自分もちゃんと飲みつつ、グラスが空いたらすかさず頼む姿を見てると、
若いのに偉いねえとその気回し力に感動してしまうものだ。仕事は細かい気回しの連続。相手を気持ち良くさせることの連続。
気を回せることは一つのステータスだと思うぐらいでいいのでは?と昭和の女は思うわけです。


(深いため息)


美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法

美しい女性(ひと)をつくる 言葉のお作法

別れは必然か

最近、意図せず物がよく壊れる。

さきほどのブログでも申し上げたが、まず2年使用したiPhone6が水没によりお逝きになられた。
さらには、4年くらい使用していたメガネも最近お逝きになられた。
なんとなく、自分の周辺のものの新陳代謝が勝手に起こっているように感じる。

メガネが壊れたことに関して感じることは、壊れてよかったかもな、である。
というのも、最近職場でメガネをすることが増えたのだが、今のトレンドを外したメガネなので、
「使えるから捨てる理由はないんだけど、なんかダサくて気分上がらんな〜」と思っていた。
壊れた経緯としては、Vネックに引っ掛けてたときに、走ったら吹っ飛んで行って折れたのだが、
壊れたとき、なんとなく必然を感じた。お役目を果たして、去っていった。そんな気がした。

iPhoneに関しては、iPhoneケースに少し不満を持っていた。
少しヒビが入っており、それが日々日々目について、なんとなく不快なのであったが、
まさかiPhoneごと去っていくとは…。

もしかしたら、内心は、iPhoneの先にある人間関係に不満やストレスがあったのかもしれない。
ちょうとLINEにもログインできないし、いっそ新規登録するべきなのかもしれない。


結論からいうと、去っていってしまったモノについて、人は内心では去って行って欲しい、
と思っている場合もあるということである。

恋愛でもきっとそう。
なんとなく、別れられない。
それは自分の弱さゆえなのであるが、内心では去って行ってほしい。
ま、放っておいても、きっとそういう場合は去っていってくれるのであるが、
流れに抗うことなく、身を任せているのが良いのであろうと思う。

人やモノという自分の所有物に関して、
新陳代謝が起こるのは必然。

そんなことを思う。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法